2017年05月18日

Google翻訳で誤訳されたブログタイトルが、それなりにカッコイイという話(2017年5月)


Sponsored Link



実は最近、このブログにGoogle Translateの“ウェブサイト翻訳ツール”を導入しておりまして。
このブログのサイドバー下部に挿入してあります。

別に、「私のブログを外国の人にも見てもらおう」という意図は無く。
Google翻訳された自分の記事を自分で閲覧し、“他国の書籍感”を味わっているのです。

機械翻訳ですが、翻訳された自分の記事を見ていると、とても面白いと感じるのです。
翻訳された内容は理解できないのですが……。


記事内本文はもちろん、ブログタイトルである“そらすんくじら”も翻訳されるのは当たり前なのですが、やはり機械翻訳でして、それなりに誤訳なのです。

通常の日本語では“そらすんくじら”というブログタイトルが。

Screenshot_2017-05-15-03-19-19.png

英語に翻訳すると“Sora live whale”に。

Screenshot_2017-05-15-03-19-20.png

韓国語に翻訳すると“하늘 살고 고래”に。

Screenshot_2017-05-15-03-19-21.png

中国語(簡体)に翻訳すると“空活鲸鱼”に。

Screenshot_2017-05-15-03-19-22.png

中国語(繁体)に翻訳すると“空活鯨魚”に。

Screenshot_2017-05-15-03-19-23.png

そもそも韓国語の表記はハングルですから全く読めないのですが、Google翻訳で誤訳された英語と中国語のブログタイトルが、誤訳なりにブログタイトルっぽくなっていることに少し笑ってしまったのです。

“そらすんくじら”というブログタイトルは、それ1つの単語だと私は考えておりまして。
固有名詞ですから、仮に英語表記とする場合には“Sorasunkujira”ということになるのでしょうか。

Google翻訳では「そら/すん/くじら」という翻訳をしているように感じます。
“すんくじら”とは、鹿児島の方言で「隅っこ」という意味でして。
そのため、ブログタイトルを区切るとするならば「そら/すんくじら」なのです。

しかし、“Sora live whale”や“空活鲸鱼”というブログタイトルもカッコイイなと感じました。



第二の故郷である鹿児島県南さつま市に“杜氏の里笠沙”という場所がありまして。

杜氏の里笠沙 焼酎づくり伝承展示館
〒897-1302
鹿児島県南さつま市笠沙町赤生木6762

20140113_102820_00.jpg

ちなみに、2014年に撮影したこの写真は、ヘッダー部分の画像に使っております。

そこが製造・販売している“薩摩すんくじら”という芋焼酎があるのです。

20170119_182317_00.jpg

この芋焼酎の銘柄を参考に、“そらすんくじら”というブログタイトルを考えました。

「空の隅っこに綴る程度で大したことのないブログ」という意味と、語感の良さ、そして、ブログ作成時に同じようなタイトルが検索エンジンに表示されなかったということで名付けました。


褒められるようなネーミングセンスでもないですが、ブログタイトルの話をすることってあまり無いですから、ついでにと思っただけです。

Sponsored Link

posted by そらすんくじら at 02:47 | 日記など